うめぼしのうた

うめサブローぶらさがり

歌詞


うめぼしのうたの詩は、明治時代に教科書(尋常小学読本巻5)に載っていたそうです。調べていくうちに作者は不明なのですが、多くの方が数え歌のように語り継いでいるのがわかりました。
プロジェクトの「うめぼしのうた」は、埼玉県鴻巣市の特別養護老人ホームの掲示板に「おばあさんの語り書き」として日々愛読されていたものを介護スタッフの要望から新たにメロディーをつけたものです。



トップページへ HOME